ベビーヨガは、欧米のセレブ達の間で大流行。当サイトでは、日本でも注目の「ベビーヨガ」「マタニティヨガ」について体験談を中心にご紹介しています。

インフォメーション

「マタニティヨガをはじめる:赤ちゃんと一緒ならベビーヨガ」のサイトへようこそ!
当サイトでは今注目、ママたちの間で流行のベビーヨガ、マタニティヨガについて管理人の経験から感じたことを中心にご紹介しています。
ヨガは独身女性だけでなく、子育て中のママは赤ちゃんや子供と、
また妊娠中のママはマタニティヨガと環境に応じてできるのも魅力ですね。
動きはゆっくりなので、体への負担も自分で調節できるので自分流にチャレンジしてみませんか!

スポンサード リンク


マタニティヨガをはじめる:赤ちゃんと一緒ならベビーヨガの情報

ヨガは食前に

ヨガの種類・流派ヨガをする時は食前がベターです。食後の場合は、2時間以上経ってからにしましょう。


胃に食べ物が詰まっている状態で行うと、途中で気分が悪くなったりする場合があります。また、食事直後は胃に血液が集中しやすい状態なので、血液循環率が悪く、つまり脂肪燃焼率が上がりません。飲酒後は、もちろんいけません。


ヨガを行う目的は人それぞれですが、食事を含めたスケジュール管理もヨガの効果を最大限に引き出すこととなります。

ヨガに必要なもの

ヨガに必要なものヨガをはじめるにあたっては、特別な用具など必要なく、畳1畳ほどの場所があれば気軽にはじめられる所もヨガの魅力のひとつです。


ヨガを行う場合は、子供もママも動きやすい服装でTシャツやパンツ、もしくはスパッツなどが良いでしょう。パンツの場合は、お尻部分にボタンなどが付いていると座った時に痛いので、ついてない物を選びましょう。足元は、滑らないように裸足で行います。


ヨガ教室に通う場合でも、特別な持ち物は必要ありません。
基本的には、汗拭きタオル、水分補給の飲み物くらいですが、ベビーヨガを行う場合は、赤ちゃんを寝かせるバスタオルが必要なことがあります。

男性とヨガ

ヨガ産業の成長ヨガは女性が行うというイメージが強く、実際ヨガ教室に行ってみても、10人いたら1、2人男性がいるかなという程度で、中にはまったく女性だけという教室も少なくありません。


ヨガは男性にもとても有効なものですが、女性ばかりの教室に飛び込んで行くのはやはり勇気のいるものでしょう。


最近は、男性専用のヨガ教室もちらほら見かけるようになりました。スポーツクラブなどのレッスンなら男性でも入りやすいかもしれません。男性のヨガの先生もけっこういます。メンズヨガなどの本も出版されていますから、興味がある男性はぜひ初めてみてください。




>>>美容関連ニュース



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0